自分のお店を持ってみたいと思うようになったのは、レストランで働くようになったからです。
料理が好きだったし、接客も好きだったから、このレストランでバツイチになってから働くようになっています。
仕事は大変だけれど、なかなかやり甲斐もあるし、おもしろさも感じていました。
お客さんとも仲良くなれるし、良い職場に巡り合えたと思います。
仕事をしていると、いつしか自分でもお店を経営してみたいなと思う気持ちになっていました。
オシャレなレストランとかではなく、もっと大衆的な食堂のようなお店を開いて、喜んでもらえたらいいなと考えてしまっていました。
いつかは自分のお店をオープンすることができたら素晴らしいと妄想は続けてしまっていたのでした。
しかし、現実に目を向けると、金銭的なハードルというものが出てきます。
小さなお店でもオープンするとなると、何百万円も必要になってしまうのです。
バツイチの私にとってみると、このハードルは越せないほどの高さでした。
夢に終わってしまうのかなと思いつつも、やはりお店をオープンすること自体はどうしてもやってみたいという気持ちを持っていたのでした。

 

 旧友から連絡が来て、どうしても話したいことがあるから食事に付き合って欲しいと言われました。
珍しく、食事代はすべて出すからなんて言ってくるんです。
彼女もバツイチで生活が大変だろうに、どうしたのか?と思ったのです。
そして待ち合わせして食事に出かけていきました。
その時に彼女から聞いた話で、愛人が欲しいと本気で思ってしまったのでした。
旧友の話では、愛人募集をして知り合った男性と、セックスもしないでたくさんの援助金を出してもらうことに成功したからお店を開くというのですからね。
以前から小さな飲み屋を経営したいと思っていた彼女、サポートを受けることで夢を実現できるらしいのです。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
愛人募集サイトBEST5
パトロン募集の成功者から学んだ優良サイト